スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジョシ

『アジョシ』  2010年  イ・ジョンボム監督

原題『THE MAN FROM NOWHERE』


ajoshi-363x490.jpg


私の大大大好きなウォンビン主演

ストーリーは・・・


街の片隅の古ぼけたビルで質屋を営み、世間を避けるように生きているテシク(ウォンビン)。家族も恋人もなく、質屋の客以外で訪ねてくるのは、隣の部屋に住む少女ソミ(キム・セロン)だけだ。母親と二人暮らしのソミもまた、いつも一人ぼっちだ。クラブダンサーの母は自分の暮らしで手いっぱいで、娘の世話はもちろん、お小遣いさえろくに与えようとしない。ソミはテシクを“アジョシ=おじさん”と呼び、たった一人の友だちとして慕っていた。
ある日、通りの真ん中でソミに出くわすテシク。「ソミはカバンを盗もうとした」と訴える女から、警官に突き出されていた。母親の連絡先を教えろと迫られたソミは、思わずテシクをパパだと指さすが、テシクは黙って立ち去ってしまう。その夜、「おじさんも私が恥ずかしくて知らんぷりしたんでしょ?」とソミに責められ、言葉を失うテシク。ソミはハラハラと涙を流しながらこう言った。「でも嫌いにならない。おじさんまで嫌いになったら、私の好きな人がいなくなっちゃう」。テシクは、寂しさに震える小さな背中を見送るしかなかった。
テシクが帰宅すると、店には見知らぬ男たちが待っていた。ソミの母親が犯罪組織から盗んだ麻薬を隠したバッグを、質に入れていたのだ。男たちは麻薬を取り戻すと、ソミと母親を拉致していく。テシクは全速力で車を追いかけるが、「助けて、おじさん!」と叫ぶソミの姿は、あっという間に消えてしまった。
「とにかく素早いんだ」「銃にビクともしなかった」と、組織の男たちはテシクの身のこなしに驚く。組織を仕切るマンソク兄弟(キム・ヒウォン、キム・ソンオ)は、テシクをおとりにする計画を立てる。ソミと母親の命と引き換えに、テシクに麻薬の運び屋を引き受けさせて現場を通報、取引相手もテシクも一気に警察に引き渡そうという筋書きだ。
筋書きは実行され、さらに恐ろしいワナが用意された。テシクが使った車のトランクに、臓器を抜かれたソミの母親の死体が入っていたのだ。殺人と臓器売買の容疑で逮捕されるテシク。警察がテシクの身元を調べると、前科も薬物反応もなく、なぜか1998年から2006年までの記録が抹消されていた。
取調官の隙をついて、いとも簡単に逃走するテシク。同じような年頃の子供たちと、見知らぬ家に軟禁されるソミ。そして、捜査官の元にテシクの情報が届く。テシクは情報特殊部隊の元要員で、主な任務は暗殺。2006年の交通事故を最後に記録は途絶えていた。その時、即死した同乗者は妻だった──。
もう二度と、愛する者を失いたくない──テシクはソミを守り抜くと決意し、一人で組織に乗り込むのだが…。
(アジョシ・公式サイトより)



あまりにも衝撃的で丸一日経とうかとしてるのに頭の中はウォンビンでいっぱい・・・
今回はネタバレ有りとか無いとかもうどうでもいいような気がします
思いつくまま語ります
語ると言ってもウォンビンについてです
映画レビュー???なにそれ?美味しいの???(笑)

とにかくウォンビンがカッコ良かった!!
いやいや・・・カッコいいの一言では片付かない
ロンゲの時も素敵、髪を切った後も素敵
薄汚れていても、小奇麗でも、血を浴びていてもイケメン

19416.jpg

8133.jpg

1334.jpg

img_365796_6425195_0.jpg

entame4f59aa4657587120309wonbinKORzse.jpg

ajyo1.jpg

ajoshi-1.jpg

20111021201553.jpg



久しぶりにウォンビン見ました

今日いつも行ってるTSUTAYAに行きました
その時にいつもお世話になっているT氏に
「アジョシ、とうとう観たよ~」
T氏
「あ、観ましたか~♪ウォンビンカッコよかったでしょ?」
「はい~もうめっちゃカッコよかったです~」
「男の私から見るとカッコよすぎて『ちくしょう!!』と思っちゃうんですけど(笑)でもホントにカッコよくて・・・ウォンビンは昔アイドル扱いされていたけど除隊してから一皮むけましたよね」
「そうそう!!その通り!!演技上手くなりましたよね~」
いつもと同じようにT氏はDVD抱えたままの会話
いつもと同じようにお仕事邪魔しているちなじそび(笑)
一時間くらい語りたかったのですが・・・お仕事中なんで
「ではまた来週~」
と早々にお開きになりました(爆)



一番印象的だったシーン

ラスト

「一度だけ抱きしめさせてくれ」
とソミに言うテシク
ソミ・・・手を広げる
テシク・・・優しく大きなハグをする
「アジョシ・・・泣いてるの?」
テシク・・・ポロポロ涙流してる
微笑みながら・・・

img_822108_36003265_3.jpg



ウォンビーン
私にもハグして~

あまりにカッコいいので画像超多し!!
仕方ないよ~カッコいいんだもん(笑)

wonbin_main01.jpg

photo203_01.jpg

img_4546.jpg

ii_vol1_2.jpg

34818d746ad1a3bc2781f6f2d0b1a019.jpg

621f8a5a-s.jpg


評価は☆5!!

ストーリーも良かった!!

しつこいけどウォンビン・・・カッコよかった~

ちなじそび・・・
じそぶさんが一番好きなのに
ウォンビンが一番になったかも・・・


image_readtop_2011_82029_1297164649376001-52252_20110209231038.jpg


ん?

002803.jpg


んん??

7a64d144.jpg


・・・じそぶさん・・・
やっぱり一番


でもでも
ウォンビン、いい勝負だと思う!!


ウォンビーン


201109ajoshi_kaiken2shot400.png


9a5c1dd65ff509ff3125-L.jpg


ajoshimauri0.jpg


あなたもじそぶさん同様
いつまでもいつまでも独身でいてください









































川の底からこんにちは

『川の底からこんにちは』  2010年  石井裕也監督


B004F9PRSM_09_LZZZZZZZ.jpg


私の大好きな満島ひかりちゃん主演!!
 
少し前まで購入していた映画雑誌(この雑誌、残念ながら休刊となりましたが)での評価も良かったし、この作品がきっかけで石井監督と結婚したということでいつか観てみたいと思っていた作品でした。


ストーリーは


OLの木村佐和子は上京して5年目で、仕事もさほど熱心ではなく、恋人の健一はバツイチで子持ちの上司という、妥協だらけの人生を送っていた。そんな彼女にある日父が入院したという知らせが入り、田舎に戻って家業のしじみ工場を急きょ継ぐように言われる。佐和子は乗り気ではなかったのだが、田舎暮らしがしたい健一の意向もあり、結局連れ子と3人で行くことになる。(wikiより)


ネタバレあり↓















自称「中の下」の女、佐和子
友達の彼氏を取って、高校卒業時東京に駆け落ちをする
それから五年・・・
結局友達の彼氏から捨てられ、いまの彼氏は上京してから五人目の彼氏
バツイチ、おまけに愛想もない女の子付き
今の会社は上京してから五番目の会社
正社員ではなく派遣社員、で扱われ方が非常に雑
そんな佐和子の口癖は・・・「仕方ない」
仕方ない仕方ないと言って、自分を感情を抑え込んでいる日々

1bfafc57.jpg


そんな中佐和子の実父が病気で入院してしまった
実母は既に他界
実父の弟が佐和子に帰って来いと・・・

小さなシジミ工場を経営している実父の代わりに実家に帰ることになる
会社をクビになった五人目の彼氏・健一とその娘が着いてくる

工場のパートのおばさんたちは佐和子のこと嫌っていて
「女狐だ~!!」
「親を捨てた悪い女だ~」
と、佐和子をなじる

でもあることがきっかけになって
佐和子は変わっていく
感情を出すことで変わっていきます
そうしたら・・・まわりの人たちも変わっていきます
連れ子との関係も変わっていく

6664.jpg


4b237c8c.jpg


あることで家を飛び出していた健一が戻ってきて佐和子に謝るシーン
佐和子は「あるもの」を健一に投げつけてわんわん号泣するのです
そのシーンは可笑しくもあり切なくもありで・・・泣き笑いできます

TKY201004300226.jpg



評価はもちろん☆5!!

佐和子を演じた満島ひかりちゃんのぶっきらぼうで感情の無い話し方がもうgood!!
彼女は良い女優さんですね

mitsushima480_large.jpg


enn1007231628010-p1.jpg


2715888885_39bea18d14.jpg


510NK8DDR5L.jpg



自分の気持ちひとつで人は変われるのかなあ・・・と、ちなじそび考えてしまう作品でした
前向きになれる映画でした
おまけにシュールなとこあり!!笑えます♪

最後にセクシーショットのひかりちゃん

2eb0dfde.jpg


キュートです

今度は愛妻家

『今度は愛妻家』 2010年  行定勲監督


aisai.jpg



最近超仲良しのマイミクさん、北海道在住のオモロイお兄ちゃんお薦めの作品

このオモロイお兄ちゃんは一日の内95%は
「どうしてこんなオモロイのか???」
と思えるくらいオモロイ人なのですが(オモロイ連発しとるやんけ!!(笑))
後の5%は超デリケートで超ナイーブでいらっしゃいます

その5%の時に(←滅多に無いで~)
「これはエエ!!絶対エエ作品やけん観てみ!!」
とゴリ押ししてきたので・・・
素直なちなじそびは早速借りてきました

ストーリーは

夫である俊介の世話を甲斐甲斐しく焼き、明朗に振舞っていた妻のさくらは、夫から酷いことばを投げつけられて愛想を尽かし、一人で旅立ってしまった。彼女をうるさく思っていたはずの俊介だったが、カメラマンである彼と同衾する覚悟で写真を頼みに来た新米モデルを抱くことが出来なかった。そんな彼の前に、「離婚する前に写真を撮って」と、思いがけずさくらが帰ってくる。だが俊介は、戻ってきたさくらの悲しい正体を知っていたのだった。(wikiより)


ネタバレあり↓














途中からだんだんと分かってきます

タイミングよくさくらが俊介の目の前に現れること

それと

周りの人たちの俊介に対する態度
なんとなくぎこちないのです

その理由が分かってきます


38c35efb1ebb121650d72156dd606fce.jpg


toyoetsu3.jpg


tiz_7341_large.jpg



さくら・・・実は居ないのです
居なくなってしまったのです
・・・亡くなったんですよ、一年前に。
なのに俊介の前に現れ、いろんなこと喋る

よくさくらは
「忘れ物をした!!」
と言っては俊介の前に現れます

その忘れ物とは・・・
俊介なのでしょう
さくらの俊介に対する想い

ただ、一緒に居たかった
喧嘩もした
お互いが嫌になった時もあった
約束守ってくれなかった

子どものいない夫婦の話
「子はカスガイ」と言いますが・・・
私はあまり関係ないと思う
子どもがいない分、繋がりも深いのではないのかなあと。

ラスト
クリスマスケーキに蝋燭立てて火をつけて
さくらがしていたように火を吹き消す俊介
目の前にさくらが居る
蝋燭の火が消えていくにつれて
さくらもだんだん消えていってしまう
嬉しそうに微笑みながら


私は思うとこあって・・・号泣でした

オモロイ兄ちゃんも号泣したそうだ
この人も思うとこあってだそうだ(苦笑)

二時間ちょっとの作品なので長く感じるかなあと思っていましたが感じませんでしたね

ひとつ言わせてもらえるなら
さくらがこの世にはもういないと分かってからの一時間はちょっとダラケるかも・・・


評価は☆4です

さくら役・薬師丸ひろ子さんと俊介役・豊川悦司氏

NEWS.jpg



ふたりともすごくいい演技なさってました

あと・・・
さくらの実父、オカマの文ちゃん役の石橋蓮司氏

300x.jpg


いやいや・・・良かったです(笑)


トヨエツの大きな手が大好きな『手フェチ』の私
相変わらず大好きな大きな手が素敵でした

201012240045098b1.jpg


居てくれて当たり前
そう思いながら日々過ごしている私たちは
居てくれて感謝すること、忘れてしまってはいけないと思いました

この作品を観て
いろいろ考えさせられました

絆は深いのです
自分が思っているよりも、もっと。


41iUiTwAzZL.jpg













エクスペリメント

『エクスペリメント』  2010年  アメリカ   ポール・シェアリング監督

原題『The Experiment』


T0006066q.jpg



私の大好きなドイツ映画の中でも好きな作品『es』のリメイク版

b07ca540.jpg



ハリウッド映画だったらどういう感じなのか見比べてみたくなりレンタルしました


ストーリーは

仕事をレイオフされたトラヴィスは、日当1000ドルという14日間の心理実験に参加する。その実験に参加したのは24名の男たち。実験の内容は、模擬刑務所内で参加者たちが看守と囚人に分かれて生活するというものだった。トラヴィスは囚人側となる。実験は24時間監視カメラによって観察され、暴力行為などがあった場合には即座に実験は中止されるものだと聞いていた。しかし、実験が進むうち、看守たちは囚人に暴力を振るうようになる…。
(goo映画より)


ネタバレ少しあり↓















囚人役と看守役に分かれた被験者たち


ORG_20101115000301.jpg



最初から攻撃的な看守役がいるのは抵抗がありました


20638_02_l.jpg


1190_large.jpg


img_31560_36117855_1.jpg


結論から言わせてもらえば、やっぱり『es』の方が好きだなあ

徐々に狂ってくる看守役の被験者たちの心理がすごく判ったのは『es』の方です

それとトラヴィス役(esでは違う名前だったと思う)と同室の「クールな囚人」役の人の存在も今一だったのでは?

クールなのに他の囚人役の人が痛い目にあった時にものすごくキレて超カッコいい場面がesにはあります

そういう面が・・・主人公以外の人の描写もesの方が絶対良いです


でも

看守役・バリスを演じているフォレスト・ウィテカーの演技は凄かった!!
そして
囚人役・トラヴィスを演じているエイドリアン・ブロディも!!

この二人は上手いなあ~

この二人の演技は必見ですね

あ、それとエイドリアン氏の身体!!
細マッチョでとってもかっこいい!!これも必見!!(笑)


評価は☆3.5


私の中では『es』の圧勝でした

アリスの恋

『アリスの恋』  1974年  アメリカ  マーティン・スコセッシ監督

原題『Alice Doesn't Live Anymore』


img68ec0fd8zik6zj.jpg



あのマーティン・スコセッシ監督の初期作品

この作品は日本で初めて映画館で公開された監督作品だそうな

ストーリーは


娘時代には歌手を目指したアリス(バースティン)も、すでに35歳。粗野な夫に頼りきり、こましゃくれた小学生の息子トミーと平凡な生活を送っている。しかし、夫の事故死をきっかけに、アリスは再び歌手を目指すと決心し、トミーを連れて故郷モンタレーを目指し旅立った。

オンボロ車での長距離移動では、たちまち金が底を付き、途中の町で職を探すアリス。歌手と名乗ってバーを回るが、働き口は見つからない。
ようやく雇われたバーで、言い寄る男とすぐに懇意になるアリス。だが、この男はドメスティック・バイオレンスで妻をいたぶる危険人物だった。

トミーと共に町から逃げ出し、男に頼る自分の性格を反省するアリス。次に立ち寄った町では、ウエイトレスの仕事しか見つからなかった。
店の常連で離婚歴のある牧場主デヴィッド(クリストファーソン)は、アリスに好意を抱き、息子のトミーにも優しく接してくれた。しかし、男には頼るまいと心に決めたアリスは、なかなかデヴィッドと打ち解けられない。
(wikiより)



少しネタバレありです















私はほとんどと言っていいほどスコセッシ監督の作品、観たことありません。

このブログでも良く言ってること

ちなじそび、天の邪鬼なので話題作ほとんど観ないのですよ

みなさんが驚くくらい観ません(苦笑)





夫に死なれて今後のことを考えるアリス
今までは暴れん坊な夫に頼りっぱなしだったのに、さてどうする・・・
故郷に帰って人生をやりなおそう!と決断します
一番自分自身が生き生きとしていた町・モンタレーに向かいます・・・憎たらしい息子・トミーと一緒に。

一番最初に職に就いたところで一人の男と出会うのですが
こいつもDV男!!
夫と同じ・・・言葉の暴力も凄まじく、アリスは逃げ出す

「もう男に頼るのはやめよう」

次にある町で再び職に就くアリス
歌手ではなく、ウエイトレスなんだけど
最初は仲違いしていた同僚とも仲良くなっていき、ある男に出会う。

なかなか心開かないアリス

だんだん打ち解けていってたある日、あることが原因でその男(デヴィッド)からお尻を強く打たれるアリスの息子・トミー
それを見たアリスは
「男なんてみんなそうなんだ!夫とおんなじ。暴力振るって怒鳴って・・・」
と、デヴィッドと大喧嘩!!距離をおこうとするアリス
デヴィットは違うと思っていたのに・・・

さてアリスはどうするのか!!


35歳で子持ちとはいえアリスは恋をします
それはその辺の女子高生と変わりません
女子高生と違う所は子どもがいるってとこ
良く言えば生きがい、悪く言えば足枷になっているのですよ、息子が。
でもこの母子、喧嘩もするけど仲良しで、お互いに一番の理解者。
・・・って、ウチとおんなじやん(笑)

ラストはハッピーエンドでした
母子の後姿がなんともほのぼのしていて微笑ましかったです

評価は☆4.5

アリスがキュートでいじらしくて愛おしかったです


最後に・・・
トミーと仲良くなる男勝りでちょい悪な女の子役、あのジョディ―・フォスターでした!!




プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。