スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルビーナス

『ホテルビーナス』  2004年  タカハタ秀太監督

vcdm162.jpg




最近このブログにちょくちょく登場してる北海道のオモロイ兄ちゃんお薦めの邦画です

邦画なんだけどこの作品はオール韓国語!!
草薙剛くん(SMAP)の韓国語にはホントほれぼれしてしまう^^

ストーリーは


女装のオーナーが経営する、ホテル・ビーナス。ウェイター兼世話係のチョナンをはじめ、ここで暮らす住人は誰もが過去を背負っている。酒に溺れた元医者のドクターと、妻のワイフが暮らす1号室は、言い争いの声が絶えない。3号室のソーダは花屋を開く夢を追い、4号室のボウイは、自称殺し屋を語っている。そんなホテル・ビーナスに、ある日、無愛想な父、ガイと、口を利かない娘、サイがやってくる。チョナンの仕事を手伝わせるうちに、サイは次第に心を開いていくが…。(goo映画より)


ネタバレというほどではないですが

この作品のいいところ

これでもかこれでもかというくらいとてもいいセリフだらけなのです

現在気持ちが弱っている人が観ると泣けます・・・ボロボロ泣けます


特にこのセリフ
ビーナス(市村正規)がチョナン(草薙剛)に語るのです

『重い背中をしょって生きるのは辛い・・・ただ不思議なもんさ・・・そんな背中にかぎって必ず翼が生えてくる・・・背中が重たいヤツほど・・・きっといつかは高く飛べるんだ』
(オモロイ兄ちゃんの日記より勝手に抜粋)

辛いこと悲しいことが人よりいっぱいある人ほど幸せになるよ、という意味だと解釈したのですが、もうこのシーン、号泣しました
このセリフがあることは兄ちゃんから聞いてきたのですが・・・んもう涙ポロポロでした


私の大好きな香川照之氏、中谷美紀さんもいい演技なさっていました
もちろん韓国語も!!

それとあのイ・ジュンギ氏も出演していました
心に大きな傷を持った、それでもホントは心底優しい少年「ボーイ」役を好演していましたよ


070418_flydaddy_main.jpg



評価は☆3.5

ラストシーン
モノクロに近いくらい映像だったのがほんのり明るい映像に変わっていたとこも良かったです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。