スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスの恋

『アリスの恋』  1974年  アメリカ  マーティン・スコセッシ監督

原題『Alice Doesn't Live Anymore』


img68ec0fd8zik6zj.jpg



あのマーティン・スコセッシ監督の初期作品

この作品は日本で初めて映画館で公開された監督作品だそうな

ストーリーは


娘時代には歌手を目指したアリス(バースティン)も、すでに35歳。粗野な夫に頼りきり、こましゃくれた小学生の息子トミーと平凡な生活を送っている。しかし、夫の事故死をきっかけに、アリスは再び歌手を目指すと決心し、トミーを連れて故郷モンタレーを目指し旅立った。

オンボロ車での長距離移動では、たちまち金が底を付き、途中の町で職を探すアリス。歌手と名乗ってバーを回るが、働き口は見つからない。
ようやく雇われたバーで、言い寄る男とすぐに懇意になるアリス。だが、この男はドメスティック・バイオレンスで妻をいたぶる危険人物だった。

トミーと共に町から逃げ出し、男に頼る自分の性格を反省するアリス。次に立ち寄った町では、ウエイトレスの仕事しか見つからなかった。
店の常連で離婚歴のある牧場主デヴィッド(クリストファーソン)は、アリスに好意を抱き、息子のトミーにも優しく接してくれた。しかし、男には頼るまいと心に決めたアリスは、なかなかデヴィッドと打ち解けられない。
(wikiより)



少しネタバレありです















私はほとんどと言っていいほどスコセッシ監督の作品、観たことありません。

このブログでも良く言ってること

ちなじそび、天の邪鬼なので話題作ほとんど観ないのですよ

みなさんが驚くくらい観ません(苦笑)





夫に死なれて今後のことを考えるアリス
今までは暴れん坊な夫に頼りっぱなしだったのに、さてどうする・・・
故郷に帰って人生をやりなおそう!と決断します
一番自分自身が生き生きとしていた町・モンタレーに向かいます・・・憎たらしい息子・トミーと一緒に。

一番最初に職に就いたところで一人の男と出会うのですが
こいつもDV男!!
夫と同じ・・・言葉の暴力も凄まじく、アリスは逃げ出す

「もう男に頼るのはやめよう」

次にある町で再び職に就くアリス
歌手ではなく、ウエイトレスなんだけど
最初は仲違いしていた同僚とも仲良くなっていき、ある男に出会う。

なかなか心開かないアリス

だんだん打ち解けていってたある日、あることが原因でその男(デヴィッド)からお尻を強く打たれるアリスの息子・トミー
それを見たアリスは
「男なんてみんなそうなんだ!夫とおんなじ。暴力振るって怒鳴って・・・」
と、デヴィッドと大喧嘩!!距離をおこうとするアリス
デヴィットは違うと思っていたのに・・・

さてアリスはどうするのか!!


35歳で子持ちとはいえアリスは恋をします
それはその辺の女子高生と変わりません
女子高生と違う所は子どもがいるってとこ
良く言えば生きがい、悪く言えば足枷になっているのですよ、息子が。
でもこの母子、喧嘩もするけど仲良しで、お互いに一番の理解者。
・・・って、ウチとおんなじやん(笑)

ラストはハッピーエンドでした
母子の後姿がなんともほのぼのしていて微笑ましかったです

評価は☆4.5

アリスがキュートでいじらしくて愛おしかったです


最後に・・・
トミーと仲良くなる男勝りでちょい悪な女の子役、あのジョディ―・フォスターでした!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。