スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIUTIFUL ビューティフル

『BIUTIFUL  ビューティフル』 2010年  スペイン=メキシコ

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督


a6bc3933369f0ee17dde08c7b8fbf0de.jpg



ストーリーは


スペインのバルセロナに暮らす男・ウスバルは、妻・マランブラと別れ、男手一つで二人の子どもを育てていた。彼はアフリカ系や中国系の不法移民たちへの仕事の口利きや、警察への仲介などで収入を得ている。ある日、彼は病院で自分が末期ガンで、余命二ヶ月の宣告を受ける。しかし、そのことは誰にも告げず、子どもたちに少しでも金を残そうとしていた。マランブラとも再び同居を始め、彼は死の準備を整えようとするのだが…。(goo映画より)


ネタバレ少し・・・↓


















バツイチで二人の子どもをもつ男の話

決して裕福ではない
それに男はまともな仕事で生計を立ててもいない

ある日体調が悪く病院で検査を受けるのですが・・・なんと余命二か月・・・

自分自身も早くに親を亡くしていて
まさか自分の子どもたちにも同じ思いをさせるとは思ってもみなかった

子どもたちに何を残してあげれるのか

日に日に悪化する体調

そうこうしている時自分がしたことがきっかけで大変なことが起こる

一時期元妻のところに親子三人身を寄せるも
やっぱりうまくいかず

子どもたちに残すもの、残したいもの
それはまずお金
でも、他にももっと残してあげたいものが・・・


20110213152400.jpg



重い重いテーマの作品です

同じようなテーマで「母親」視点の作品は結構ありますが
「父親」視点の作品は珍しいんじゃないかと・・・


正直言って泣けませんでした・・・重すぎて。

父親の何とも言えない感情が分かり過ぎたから暫くボー然としてしまいました

とにかく自分のような目に遭わせたくない
でも自分はもうじき死んでしまう
何が出来る?何をしてあげれるのか???

オープニングとエンディングが同じシーンです
男と・・・もう一人知らない男が談笑している
「そういうことか・・・」と納得

1311320899.jpg



子どもに残してあげられるもの
ちなじそびは一緒に過ごした思い出だけなんでしょうね・・・

余談ですが
最近息子から手紙をもらいました
高校の宿題のようなものなんですが(笑)
「もっといっぱい一緒に映画を観たいよ」
と書いてありました(泣)
息子が小さい頃からよく二人で映画に行きました
現在もそう
息子は、私が今まで観てきた『映画の感想を書いたノート』を参考にして映画を観ていきたいと少し前に話してくれました
でも・・・それはそれは莫大な数!!(笑)
一生かけて観てくださいね、愛息よ(爆)
私と一緒に映画を観たことが息子にとって一番の私との思い出なんだなあと思うと・・・号泣しましたよ。こっそり(笑)素直に嬉しかったです

私の母もこのように思っていてくれてたのかなあ・・・
今だから話せることだけど
母の入院中ずっと付き添っていたちなじそび
ある日あるものを見つけてしまって絶句しました
それは・・・
娘たち一人一人に宛てた遺書でした
頭を殴られたような衝撃でした
本人に告知していなかったけど知っていたんでしょうね、自分の病気のこと
私には
「いつまでもメソメソしないで。どこにも遊びに行けなかったね。ごめんね。感謝してます」と。
どういう気持ちで書いてくれたのだろうと思うと・・・。
逝ってしまう自分のことより残してしまう娘たちのことを思ってのことだったんでしょう
私は同じことが出来るのか・・・分からないですが。


また話は少し逸れてしまいますが
先日、母が元気な頃、私たちと一緒に暮らしていた場所に行くことが出来ました
ツレのバイクの後ろに乗って。
懐かしい場所をホントに久しぶりに見る事が出来、幸せでした
大好きなツレに感謝です



評価は☆4です

主人公の男を演じていらっしゃるのがハビエル・バルデム氏
あのペネロペ・クルスさんの旦那さんですね

N0025601_l.jpg


ワイルド~!!かっこいいです!!

彼が主演の『海を飛ぶ夢』
良かったことを思い出しました


あ、この映画のタイトルのビューティフルの綴りはちなじそびが英語が苦手だから間違って書いてるわけじゃないよん♪
作品の中に出てきます、なぜこの綴りか、が。


子どもを想う親心・・・
深いです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちなっち、おはよー!
映画もさることながら・・・いいお話でした!
なんか、感動したなぁ!^^!
ちなっちってホントに・・・優しい人だぁ!!
うん、おいらそう思うぜ!

Re: No title

武道さま、こんばんはv-354

お父さん目線からの子どもに対する愛情・・・不器用なんだけど、必死で子どもに対して何かを残そうとする主人公の気持ちを考えると胸が締め付けられる思いでした。

優しいのかな・・・優しいというよりも人に対して優しくありたいとは常々思っているけど^^
私はこんなコメントしにくい今回の私のレビューにコメントくれる武道さんの方がもっともっと優しい人だと思うよ!!
いつもいつもコメントありがとうv-343
元氣が出ます!!
プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。