スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レボリューション6

『レボリューション6』  2002年  ドイツ=アメリカ  グレゴー・シュニッツラー監督


51lRAP7vutL.jpg




私の好きなドイツ映画です



ストーリーは

ベルリンで廃墟となった建物を不法占拠し、アナーキーな不法活動を繰り広げた6人の若者たち。
それから15年。彼らはバラバラになり、それぞれ別の人生を歩んでいた。未だ若い情熱を失わないリーダー格だったティムと運動が元で車椅子の生活を送るホッテを除いては・・・。
そんなある日、かつて6人が仕掛けた爆弾が爆発。彼らの犯罪を証明するフィルムが警察に押収されてしまう。フィルムを取り戻すために6人は再び結集する・・・。(goo映画より)



少しネタバレあり↓














こういう感じって誰もが経験したことでは?

学生時代の同級生に数年ぶりに会ったら「この人変わったな~」と言う感じ

6人の内2人だけ15年前のまま・・・時が止まっています

その2人から見ると4人は社会に適応して職に就き生活している・・・変わったと思うのです



15年前に自分たちが仕掛けた爆弾が爆発し、証拠となるフィルムを取り返さなくては警察に捕まってしまう

2人以外の4人は嫌々ながらフィルム奪還作戦に参加します



そのうちだんだんと若かりし頃の友情を取り戻してくる・・・

再び爆弾を作って証拠を吹き飛ばそうと6人で爆弾を作るシーン、やってることは絶対にしてはいけないことなんでしょうが、すっごく楽しそうなのです・・・昔を思い出して。


reboryushon.jpg



でも車椅子生活をしているホッテがアクシデントで爆弾を設置した場所に閉じ込められてしまった

爆発する時間まであと少し

昔ホッテが足を失くしてしまった時逃げ出してしまった4人は、今度こそは逃げずにホッテ救出に向かう

もちろんリーダー格のティムも。

さあ、どうなる???





ラスト、彼らのその後について心配にはなるけれど、なんともまあ痛快。


評価は3.5です


やっぱりドイツ映画は面白いです



20110808233056.jpg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かなりの映画好きですね!!(笑)
ドイツ映画は「es」しか観たことないかも^^;

Re: No title

Keiさま~またまたこんばんはv-354

そうそう!「es」!!私が大好きな映画です。
ドイツ映画っていいなあ・・・と思ったきっかけが「es」でした。
この作品って人間の厭らしさ傲慢さが満載で何とも言えないですよね・・・
もう一度観てみたくなりましたv-353

コメントありがとう!!
また来てくださいね~v-343
プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。