スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼顔

『昼顔』 1967年  フランス・イタリア合作  ルイス・ブニュエル監督

原題『Belle de jour』(=日中の美女)



41NRItS7AlL.jpg




私の好きなフランソワ・オゾン作品にも出演しているカトリーヌ・ドヌーブ主演

少し前に何かの雑誌でこの作品を知りました

DVD借りてみようかなあと思っていた矢先

な~んと近くの映画館で現在上映中だと!!


観たい・・・どうせなら映画館で観たい・・・


その日会うことになっていたツレ様を誘い行きましたよ




ストーリーは


美しい若妻のセヴリーヌは、医師である夫のピエールと共にパリで幸せな生活を送っていた。その一方、マゾヒスティックな空間に取り付かれてもいた。
ある日セヴリーヌは友人から、上流階級の夫人たちが客を取る売春宿の話を聞き、迷った後に「昼顔」という名で娼婦として働くようになる・・・。(wikiより)



若かりし頃のカトリーヌさん、すっごく綺麗でした

あるレビューに

『目の保養になります!!』とあったけど、ホントその通りでした

今もお綺麗なカトリーヌさん

お人形のように綺麗で可愛くて






・・・

でも・・・

ストーリー自体はそんなに面白くなかった・・・かな?(←この作品お好きな方には申し訳ないですが)

昔のフランス映画独特の映像はすごく素敵だし

役者さんたちも個性的なキャラクターで面白いと感じたし


でも・・・



・・・あらすじを読んだときは

上流階級のご婦人たちがなぜに娼館などで働くの???

何が不満なの???

観ないと謎は解けないやん!!

と思いわざわざ映画館まで足を運んだのに・・・




観ても分かりませんでした・・・とほほ・・・



どうしても観たかったくせについウトウトする私

隣を見るとツレ様もなんだか「眠いんだぜ」オーラを出しているし(笑)

ツレ様の貴重な休日の一部を私のわがままにより台無しにしてしまったようで・・・申し訳ない

(というわけで今回のブログでは「様」をつけてみました。反省の意を込めて(笑))



でもなんやかんやいっても面白いとこもあり(突っ込みどころ満載!)

カトリーヌさんのストーカーのようになっていた男と警官の銃撃戦では、何故か隣に座っていらっしゃるツレ様は突然笑い出すし(爆)

Finの文字が出て映画も終わり

なんとなく無言になっていた私たち・・・

映画館を出てどちらかともなく「昼顔」について突っ込みまくりで大爆笑!


「申し訳ない・・・」

と謝る私に

「たまにはいいんじゃな~い」

とツレ様・・・心広しですね~



今回のことで学習したこと


観たい映画があったらできる限り人に迷惑をかけないように一人で行くことを心がける、こと(笑)




明日も行きます・・・映画

あ、これはツレ様が選んだものなので大丈夫だと思います(笑)


「昼顔」・・・

この作品の評価についてはノーコメントです・・・すいません・・・










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。