スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒り、呆れる

今日は楽しい楽しいお休みで~す

こんな時間にブログ更新できるなんて幸せ~




と、ホントは言いたかったです・・・





今から書く記事は『ブラックちなじそび』(←いつもはエエかっこしいで人からどう思われているか気にしながら生活しているチキンな人で、おまけに愛想も良く、近所のダ○エーの店員のおば様方から「あなたホントに感じが良いわね~」なんて言われて「え~そんなことないですよ~」と常にニコニコしている『ホワイトちなじそび』の真逆な私)が思いっきり出てきます。

でも書かずにいられない・・・

今回はズバリ悪口です。

「こんな愚痴ブログ見たくないやい!!」と思う方は今回はスルーしてくださいな。











実は昨日ですね、悲しい話を聞いたんです。

15歳の男の子が、朝起きなかったと。

夜眠りについた彼に

いったい何が起きたのでしょうか?

朝、目覚めることはありませんでした、と。




あまりのショックにただただボー然としました。

どうして?なんで?


そのことをmixiの日記に綴りました。

たぶんこのような内容だからみなさんスルーして下さるだろうと。

でもこんなことがあったということ、知ってほしかったのです。

コメントなんて逆に欲しくなかったのです。

それに内容が内容なだけにコメントしにくいだろうし・・・と。

聞いてほしかっただけでした。




朝起きてmixiチェックしました。

そしたらそのことについてコメント一通。

小学校の時の同級生でリアル友達のマイミクさん♀からでした。

そのコメントが

「それ、実話なのかな?」



・・・は?

意味わからなかった。

嘘なわけないやん。

私悪いけど嘘なんて書かないし、書く気も無いし。





小心者のくせに気が短い私・・・

怒りがふつふつと沸いてきた。

私の怒りスイッチが入った瞬間。

このスイッチが入ってしまったら・・・しつこいです、ホント。

なかなかオフにならないです。




多分彼女は「嘘やろ?」と疑ったわけではないと思う。もちろん。

でも「実話?」って・・・なにそれ。




人が亡くなりました・・・と伝えたところ

「実話?」って・・・

日本語の使い方間違ってるやろ、絶対。



朝から一気にテンション下げてくれました。



怒りだけが残って嫌な感じで。



夕方になってもまだなんとなく引きずってる。



でも現在怒りはなく呆れています。




「そういうこといちいちmixiなんかにupするからだよ」

と言われればそれまで。




「それって実話?」

と聞かれて・・・

はい。優しい私は返信コメントしましたよ。




「実話です」と。




言葉って難しい。

でも一応大人なんだからもっと上手に使おうよ、日本語。

・・・というよりも

大人なんだからもう少し考えて発言しようよ。

自分にも子どもいるやん。

同じくらいの年頃の子が亡くなった話聞いて

「それって実話?」と返すことができる彼女って・・・

誰がそういう作り話するかっての(怒)

ある意味最強だな。

私でもそんな言葉こういう時に浮かんでもこないよ(笑)さすがです(苦笑)



悪いけど

こういう無神経なところを

反面教師にするよ。

ヒトノフリミテワガフリナオセだね。










以上怒って呆れた話でした。




次の記事からはまた『ホワイトちなじそび』が書きますから宜しくお願いしま~すてへっ






















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブラック恐いっ!!ホワイトがいいっ!!
でも、曖昧で陰険なグレーちなじそび様も見てみたい。

Re: No title

こんばんはv-354

グレーちなじそびがどうしても見たいですか?(笑)

いやいや男の中の男、ちなじそびは白か黒かどちらかです!!

・・・でもいつもはグレーだよん(笑)曖昧で陰険な女子ですv-343

ん???女子じゃないって?心は女子だからいいんだも~んv-391

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。