スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココ・アヴァン・シャネル

『ココ・アヴァン・シャネル』2009年 フランス

アンヌ・フォンテーヌ監督作品

51R27TUa2TL__SL500_AA300_.jpg




以前ブログでも書きました『ココ・シャネル』(シャーリー・マクレーン主演)

レンタルするときどっちにしようか悩んで選ばなかった方

『ココ・アヴァン・シャネル』です


強い女の人に憧れていて

日頃強い女の人の着ぐるみを着て生活している私

所詮着ぐるみは着ぐるみで

心身ともに疲れている時はその辺に脱ぎっぱなしということもしばしば・・・

もっと強くならないとなあ・・・

だから主人公が強い女の人!!という作品には魅力を感じます



ストーリーは
何故ココ・シャネルはデザイナーとして生きることになったのか???
ということなのかしら

ココア~1



孤児院にいたってことは『ココ・シャネル』の方でも触れていますが

違うのは『ココ~』では妹と一緒、『アヴァン』の方では姉と一緒・・・真実はどっち?


それとここまで違うのか!!と思ったところは

『ココ~』ではお金持ちの男、エティエンヌから見染められて愛されていたはずが

『アヴァン』では・・・全く違うのね・・・ショック
エティエンヌはそこまでココのこと愛していない
それどころか自分の退屈しのぎ?興味本位?でそばに置いてはいるのだけど
見ている私のほうが腹が立ってきたくらい、扱い方が雑・・・

でもボーイの出現により焦っちゃうとこが人間臭くていいのだけど

雑に扱われているのを知りつつ腹も立てつつココは絶対エティエンヌから離れないのよね

ここがココの強いとこなんだろうか(←おやじギャグではないよ)

うーん・・・強いのとはまた違うような・・・

私だったら怒って出ていっちゃうよ、絶対


もひとつ

ここまで違うのか!!と思ったところ

エティエンヌって・・・結構歳なのね・・・

それに外見はあまり・・・全然良くないという役

エティエンヌ役のブノワ・ポールヴールド

2004_Cannes_BenoitPoelvoorde-1.jpg


メイキング観てるととても人のよさそうな優しそうな方です

でも・・・かっこよくはないなあ(笑)

ボーイ役のアレッサンドロ・二ヴォラ

6_p.jpg


この方はかっこいいです(笑)

でも『ココ・シャネル』のボーイ役の人がワイルド系でタイプですが・・・

この方のことをちょっと調べました

奥様は女優さんだそうな

エミリー・モーティマー・・・

ん?私この人知ってる!!

好きな映画『Dear フランキー』に出ていた女優さんでした

dearfrankie.jpg


若いのか老けているのか微妙・・・でも可愛いのですよ、彼女

opre2.jpg


あと『パリ・ジュテーム』にも出ていましたね

可愛くて好きです



主役のココ役のオドレイ・トトゥ

ORG_20090408000801.jpg


この方最近私のブログの常連ですよ(笑)

狙っているわけではなくて

たまたま観たい映画に彼女が出ているわけです


・・・う~ん・・・

私はやっぱり『ココ・シャネル』のココ役バルボラ・ボブローバさんの方が適役だったと思います

人それぞれですからねえ・・・

ストーリーも

ほんとはこちらの『アヴァン』の方が忠実に描かれているのかもしれません、分からないけど

でもココは幼少時から苦労してきたんだもん

『ココ・シャネル』のココみたいに、まあまあかっこいいエティエンヌから心底愛されてボーイからも愛された・・・という方が救われます

真実は本人にしか分からないでしょうけどねえ


評価は☆2.5です

『ココ・シャネル』の方を後から観れば良かったかなあ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。