スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・カップル 十話

今回は泣けるシーンが盛り沢山で・・・

あまりに面白いのでどんどん視聴していっているので

ブログが追いつかない・・・

十話です

890b755a.jpg

今回は文章はおまけ

超手抜きです・・・

アンナ(=サンシル)所有のクルーザーを探しているチョルス

するとソウルにいる人がそのクルーザーで働いていたという情報が!!

「ソウルへ行って来る・・・子ども達の世話、頼む」

「チャン・チョルス!!どうしてソウルまで行くの?」

「帰ってきたら全部話してあげるから」


ソウルへ後輩と向かったチョルス

その人に会って、話を聞いたみたが

どうも違うクルーザーだったようで・・・

「そういうクルーザーを所有しているお金持ちはそんなに居ないと思うから、心当たりを探してみますよ・・・
何かわかったらお知らせします」

せっかくソウルへ来たので

失踪者センター(?)を訪ねる

「届けはでていないようですね・・・見知らぬ人をお世話しているのですね・・・だったらそういう人が入る施設を紹介しましょうか?」

と言われる・・・チョルス困惑

その頃

3ソクが全員風邪でダウン・・・

「どうしてもらいたいの?」

「アジュンマ、病院へ連れて行って」

と長男

三人を寝かせ、チョルスに電話

「わかった、なるべく早く帰るから」とチョルス

ソファで寝ているサンシルに

「アジュンマ~」
長男がサンシルを起こす

「どうしたの?」

「次男が苦しそうなんだ・・・」

fanca10_01.jpg


慌てて部屋に行くと、苦しそうな次男に、泣いている三男

「熱が高いの!!薬も吐いちゃうし!!」

「熱が高いから・・・まずは冷やさないと」

「わかった」

一人で懸命に三人の看病をする・・・

暫くすると、ようやく子ども達落ち着く・・・良かった・・・

「落ち着いたから」

「よくやった、サンシル!!」

疲れきったサンシル、そのままうとうと・・・

夢を見る

「ハルモ二・・・私が手を繋いでいるから・・・死なないで・・・」

「可哀想に・・・この子はこうやって手を繋いでくれる家族が一人もいなくなるんだね・・・」と病床で涙するおばあさん・・・アンナのハルモ二?

夢から覚める・・・
「何だったの?」涙浮かべてる・・・でも自分でもそのわけはわからない・・・

見ると三男が手を握っている

「・・・病気だからいいわよ・・・手握っても」

次の朝、朝食の用意しても

「食欲が無い・・・」と3ソク

ちょうどその時、花束・・・いやユギョンがやってくる

「チャン・チョルスは留守だけど」

「そう、じゃあ、帰る」

ここでサンシル・・・我慢して・・・3ソクのために・・・

「ちょっと、花束!!」

「何?」

「あんた、お粥作れるわよね・・・」

プライド高いのに・・・サンシラ~(泣)

チョルス、帰宅する

そこで麦茶をサンシルに買いに行かせてるユギョン

「買い物に行ったっきり帰ってこないし、着替えもさせてない・・・」

とサンシルの愚痴ばっかり話すユギョン・・・

「あいつはあいつなりに頑張ったんだよ」

と、サンシルを庇うチョルス

「じゃあ、帰るね」

「おう、ありがとう」

外に出るユギョン

麦茶を持ったままブランコに座っているサンシル

「オッパはただでさえ子ども達の世話で忙しいんだから、足引っ張るような事、しないで!!」

「子ども達は食事した?」

・・・「最近の花束は正論を言うから・・・」


ある日携帯を忘れて行ってるチョルス

そこで携帯鳴る・・・

「失踪者センターの者ですが・・・お断りされたけど、やはり施設の資料送ります」

・・・愕然とするサンシル

また携帯が鳴った・・・

・・・ユギョンから・・・

二人で会う

「私、オッパの事、愛しているから・・・あなたとは違うのよ」

もうダブルパンチ・・・

サンシル・・・可哀想・・・

携帯をチョルスに渡しに行く

「チャン・チョルス!!今日おごって!!私の好きなジャージャー麺とマッコリ!!」

「その組み合わせは・・・(笑)今日はマッコリだけで・・・」

「いや!!どっちも!!」

仕方ないので知り合いのお店に(居酒屋みたいなとこね)特別にジャージャー麺出前してもらうチョルス

「好きなモノ2つだな」

「・・・違う・・・3つ・・・あんたも」

ドギマギするチョルス

「勘違いしないで!!奢ってくれるから好きなのよ」

チョルス

「俺はマッコリやジャージャー麺と一緒か(笑)」


次の日・・・

3ソク

「アジュンマ、行ってきます」

「行ってらっしゃい」

「行ってくるよ」と、チョルス

「チャン・チョルス!!」

「寂しくなったら鳴らしていいからな」と、微笑む

「チャン・チョルス!!」

「何?」

「・・・コマウォ・・・」

ああ・・・続きは明日~

・・・手抜きと言いながら・・・結構書いたな



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。