スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの5つの分かれ路

『ふたりの5つの分かれ路』

4105060041.jpg


大好きなフランソワ・オゾンの作品

離婚したばかりの夫婦・・・

不仲になりつつある時、子供が生まれる時、結婚式、そして出会った時とさかのぼっていくなんとも皮肉な作品

この女優さん、40歳くらいかなあ・・・20代の頃から同じ女優さんが演じているのだけど

ちょっとこれで20代はないやろ~と思うところもちらほら(笑)

でもなんともかわいらしく、体型もなんとなく変わっている様に見せるとこがすごい

40歳の頃なんて腕、背中のあたりに余分なお肉が!!

・・・男の人についてはノーコメントです(苦笑)

結婚するときはまさかどこかでお互いが違う道を歩いていくようになるなんて考えてもみなかったであろう二人

ラスト・・・出会ったころになるんだけど二人で夕焼けを見ながら海に入っていくシーン

お互いにとても幸せな気分でドキドキしながらこれからの自分たちのことを期待しているようで・・・素敵なシーンだけど、なんとも切ない・・・

フランソワ・オゾンの作品は海がよく出てきます

『スイミング・プール』はプールだけだったかも

『まぼろし』も『ぼくを葬る』も


この作品観ていろいろ考えちゃいました

慣れっこになってしまってお互い思いやりや優しさが無くなってしまったらおしまいだということ


早産してしまった彼女

心細くて仕方ないのに・・・彼は来ない

やっと来たかと思っても彼女に会わず帰ってしまう・・・

「愛してるよ」

やっとのこと彼は彼女に電話をするんだけど

言った本人も言われた彼女も本心ではないこと・・・すでにわかっている

どこで彼らの気持ちはすれ違ってしまったのだろう

あの夕焼けのシーン

その時はきっとふたりの気持ちは永遠だと思っていたはずなのに



評価は☆4

フランソワ・オゾン・・・恐るべし・・・




2007年1月24日ノートに綴っていたこと☆
スポンサーサイト

三本立て!!

久しぶりの更新!!

でも最近プチ忙しいということで

最近観た映画、三本立て!!


『ニューヨーク・アイラブユー』

2009年 フランス・アメリカ合作

11人の監督によるオムニバス映画

E3838BE383A5E383BCE383A8E383BCE382AFE382A2E382A4E383A9E38396E383A6E383BCP.jpg



ホントはもう一作品あったらしいですよね

あのスカーレット・ヨハンソン監督作品

何故かカットされたらしい・・・

カラーに合わなかったとか?

モノクロの作品だったらしいです

観たかったな~

scarlett-johansson1.jpg


綺麗なスカーレットさん

評価は☆3

私的には『パリ・ジュテーム』のほうが好きかも


次!!

『オーケストラ!』

2010年 フランス映画

b0037749_16443173.jpg

コメディ映画です・・・たぶん

img_1502096_62101561_1.jpg

315x210.jpg


ラストの20分間は鳥肌モノです

評価は☆4


最後!!

『ミックマック』

E3839FE38383E382AFE3839EE38383E382AF.jpg

いや~当たりです!!

2009年 フランス映画

反戦映画でしょう・・・

お父さんを地雷で亡くし、本人も事故で銃弾が頭の中に入ったままになっている主人公

住むとこも仕事も無くし

路上パフォーマンスで生計を立てている

ある日男についてくるように言われた主人公

そこには変わった、そしてキュートな人たちがいた

そこの一員となった彼

ある日偶然に

お父さんを殺した地雷の会社と自分の頭の中にある銃弾の会社を見つける

そこでみんなで復讐をする・・・というストーリー

ORG_20100902000401.jpg


カラーがいいんです

ヨーロッパ映画はこれだから好き

この作品の撮影監督は日本人なのですよね

永田鉄男さんとおっしゃるそうな

日本人、やりますね

評価は☆5です

DVD欲しい!!何回も観たくなる!!


micmac_03.jpg





トレインスポッティング・・・しかし・・・

『トレインスポッティング』

51N1NMM55AL__SL500_AA300_.jpg


この映画、大昔に観たことがありまして・・・

ダニー・ボイル(監督さんね)凄いなと

『28日後・・・』『スラムドッグ$ミリオネア』もこの監督の作品なんだけど

いやいや・・・好きですよ、私



この作品で有名になったというユアン・マクレガー

1123471754.jpg


696602113_7984b9dd2f.jpg


最近ブログにも書いた『フィリップ・・・』にも出ていた俳優さん

もともと彼のことが好きな私

ブログを書くのに再検索してみました・・・



すいません・・・

少し・・・いやかなり動揺していて

いったい何が書きたかったのか分からなくなってしまいましたが・・・


ユアン・マクレガーとネットで検索してみると

反日の文字が・・・!!

どういうこと???

以前反日か?と言われているキャメロン・ディアスとの対談のインタビューで

何かしらそういうことを言ったとか言わなかったとか・・・


ちなじそび、ショックです・・・


ただでさえ

大好きな韓国の芸能人の方が反日かそうでないかということにピリピリしているのに

何故?ユアンまでもが???



・・・まあ

人それぞれ思想がありますからね・・・

ユアンを悪く思うつもりもないんだけど

それが事実なら

日本人のユアンファン、超ショックですよね




ホントは

トレイン・スポッティングについて語るつもりが

ユアンの反日疑惑になってしまった・・・




でも

私は

久しぶりに観たこの作品

やっぱり好きだなあ・・・


ユアンも若かった・・・坊主頭がホント可愛くて




好きなものは好きなんですよ~

この作品も

ユアンも

aflo_ts.jpg


Trainspotting.jpg




シングルマン

『シングルマン』

dfce618caa9bf8c41cadb91cf392b156.jpg


原題は『A SINGLE MAN』

1962年、ロサンゼルス

16年パートナーとしてそばにいたジムを8か月前に事故で亡くした大学教授のジョージ

ジムを亡くしたことに耐え切れず

ある日、自殺を試みようとする

その一日のストーリー


監督は

グッチやイヴ・サンローラン、リヴ・ゴーシュなどのクリエイティブ・ディレクターだったトム・フォード

この作品が初監督作品なのですね~

いやいや、好きですね・・・この作品

ストーリーはもちろん、映像がとにかく綺麗

海のブルーやジムとの思い出のシーンのモノクロ

あと人の顔がペイント(?)してあるブルーの壁・・・

思わず「おおっ~!!」となった私

正直ストーリーは最初なにがなんだかわからなくて

でもだんだんとうまい具合に解れてきて・・・

ああ・・・なるほど・・・そういうことだったのか・・・うんうん・・・となりました


大学教授 ジョージ役のコリン・ファース

Colin-Firth-in-Manhattan-magazine-colin-firth-10050602-483-600-4acec.jpg


N0029989_l.jpg


かっこいいです

『高慢と偏見』『英国王のスピーチ』などに出演している51歳のイケメンおじ

背が高くって、眉間の皺、大きな手・・・ああ・・・モシッタ~(笑)


ジョージの教え子 ケニー役のニコラス・ホルト

ニコラ~1


この方はあの『アバウト・ア・ボーイ』の子役ですね

4406329071_c5387f46a7.jpg


すっごく綺麗に成長したとは聞いていましたが

・・・ここまで綺麗に育つとは!!

nicholas1.jpg

img_110355_52008377_5.jpg




トム・フォードのキャンペーンモデルを務めたことがあるのね・・・そうかぁ

いや~恐るべし・・・

イギリス男子もやるやん(笑)

これからが楽しみなイケメンです



評価は☆4・5に近い4です

ラストが・・・ちと悲しかったから

300px-ASingleManCastVenice66.jpg


新しい人生のはじめかた

『新しい人生のはじめかた』

51ns9zruYVL__SL500_AA300_.jpg



私の好きな綺麗でナイスバディーな女優さんが出ているわけでもないけど

以前レンタルしたDVDに予告編があって

なんとなく観たくなった作品

出演は

ダスティン・ホフマン

エマ・トンプソン


原題は

『last chance HARVEY』

ストーリーは

離婚してニューヨークでCM作曲家として自由に生活しているハーヴィー

一人娘の結婚式でロンドンへ

でも

すでに再婚して幸せに暮らしている元妻とその夫(娘にとっては義理の父)、娘婿、そして娘に会うと
凄く疎外感を感じる

一方

ヒースロー空港の統計局に努めるケイト

40代・・・

年老いた過干渉の母親を持つ

ケイトの仕事中に二人は出会うのですが

ハーヴィー・・・ケイトに失礼な態度をとってしまう


結局

娘はバージンロードを義理の父と歩くと言うし

仕事のほうもすったもんだで・・・クビ・・・

おまけに飛行機にも乗り遅れる


時間つぶしにレストランに入ってお酒を注文するハーヴィー

そこでケイトが読書をしながら白ワイン飲んでる

「先日はすまなかった・・・失礼な態度をして」
と謝るハーヴィー
「ほとんどの人が失礼な態度だから気にしていないわよ」
とケイト

あまりいい顔していないケイトに対し
「実はホントについていなくって・・・」

「私も・・・因みに何があったの?」

かくかくしかじか話すハーヴィー

「負けたわ・・・」
とケイト
彼女は友達がセッティングしてくれたお見合いデートで傷ついていた・・・

隣のテーブルでランチする二人

だんだん楽しくなってくる

GALLERY007354_2.jpg

06e283dc8f425af27a8eeacd22477f3e.jpg



娘の披露宴には出席しないというハーヴィーに対して

「絶対行かないと!!だって娘さんの披露宴でしょ?」

そこでハーヴィー

「君が一緒に行ってくれるのだったら・・・行く」

一緒にケイトのドレス見に行く

ドレスアップしたケイトをエスコートするハーヴィー

父親のスピーチも

義理の父親をたてた良いスピーチ

みんな幸せそうで・・



でも

ケイト

またいつものように疎外感感じる

それを

気付いてくれるハーヴィー

ケイト・・・嬉しかっただろうなあ・・・



ラストはハッピーエンドでした


ケイトの台詞で

ドキッとする言葉

「あきらめて生きるほうが楽」


・・・

・・・

・・・う~ん・・・

そうかも・・・

でも

私は個人的に

いくつになっても自分に正直に生きていこうと思ってるから

このネガティブ発言はいかんやろ~と

・・・

でもでも

悲しいかな

気持ちはすっごく分かる

若いときの傷は治りが早いもん

でも

大人になってからの心の傷は

なかなか完治しません・・・残念だけど

だから

慎重にもなるんだよね

・・・

・・・

でも

やらないと分からないやん、どうなるかなんて


評価は☆3.5


経験を積んでいるだけに

大人って辛いな・・・


SAKUHIN007354_1.jpg






50歳の恋愛白書

『50歳の恋愛白書』

51yew6UIXTL.jpg



観終わって感じたことが

この邦題の付け方はいかんやろ~です

原題が

『THE PRIVATE LIVE OF PIPPA LEE』

ある女のヒト、ピッパの半生

原作はレベッカ・ミラー
この作品の監督もしています
お父さんは劇作家のアーサー・ミラーですね
アーサー・ミラーといえば
あのマリリン・モンローと結婚していた時期もあり(マリリンは二番目の奥様でした)
娘のレベッカさん
俳優のダニエル・デイ・ルイスの奥様なのですね~

この映画
邦題を信じてレンタルしたらいけません
イメージよりも遥かにいい内容で面白かったです

そしてこの映画
キャストがすごく贅沢なのです


まず主人公、ピッパ役
ロビン・ライト・ペン

091106_gossip.jpg


若干老けたなあ・・・と思いましたが
綺麗です
プロポーションも昔のままで素敵です

ピッパとだんだん親密になっていくご近所さんの出戻り息子 クリス役
キアヌ・リーブス

Keanu20Reeves4001.jpg


私は個人的には東洋人が好みなので・・・
かっこいいですけど・・・
かっこいいというよりも
可愛い感じがしました、私

ピッパのかなり年上の旦那様 ハーブ役
アラン・アーキン

little-miss-sunshine-alan-arkin.jpg


ハーブの元妻 ジジ役
モニカ・ベルッチ

monica2.jpg

Monica-Bellucci-3.jpg


123634418641016406903.jpg

個人的に大好きなので画像多いです(笑)

ピッパと外見上(に見えた)仲良しのサンドラ役 
ウィノナ・ライダー

20061015b.jpg


ピッパの叔母の彼女 カット役
ジュリアン・ムーア

081120_julianne_sub1.jpg


いやいや主役級の方たちが助演にまわっています・・・贅沢


ストーリーは

ベストセラー作家で大金持ちのハーブを旦那にもつ主婦のピッパ
50歳といえども綺麗
双子の息子、娘も成長し
心臓発作で何度か倒れたことのあるハーブの余生を送るために
老人だらけの郊外に引っ越す
時には手作りディナーで人々をもてなしたり
個人的に悩みを聞いてあげたり
愛する旦那には献身的に尽くして

903_50sai_06.jpg


傍から見ると全くと言っていいほど悩みがなさそうなピッパ
でも
鬱積したものがあって・・・

e83a955e580114079233c2c064ea20b8.jpg


ピッパがこの世に誕生した時からの出来事
それと現在のピッパの生活
過去と現在行ったり来たりのストーリー
深刻だと思うシーンとつい「ふふふ」と笑ってしまうシーンがうまく混ざり合っていて
飽きずに一気に観れました

monica.jpg


50歳のピッパ
裏切られて傷ついているはずなのに
足かせが取れたようになった
そこでまた大変なことが起きるのだけど
ピッパは決断する・・・

ラスト、良かったです

決断はしたものの
今後はどうなるか誰にもわからない
もちろんピッパ本人も

でも
足かせが取れたピッパ・・・うん、良かった
キアヌ、主役級の一人なのに
出しゃばらず控えめなとてもいい演技をしているところも必見

評価は☆4・5です


人はいくつになってもやろうと思うことが大事なのね~
若い時みたいに勇気が無くても
失敗したらどうしようと不安が大きくても
やらないとわからない・・・うん

最後に・・・

私のお気に入りの綺麗なモニカさん

monica_bellucci_loc.jpg


モニカねえさん!!目のやり場に困るっす!!でも綺麗っす 

製パン王 キム・タック 四話まで!!

ホンギルドンの最終回までたどり着けない話は先日しましたよね

ここで私以前から観たいと思っていたドラマをレンタル

『製パン王 キム・タック』

img2676f1f2zik3zj.jpg


大好きなユン・シユンくん主演

このドラマ、すごく評価高いのですよね

楽しみにしていました

・・・

・・・

一気に四話視聴しました~!!

もうもうとにかく続きが観たくなる!!

私の苦手としている『ドロドロ系』ではありますが

ケンチャナ~!!

可哀想なシーンもいっぱいで観るのが嫌になったりもしましたが・・・

しか~し!!

このタック役の子役の子があまりにも可愛くてつい見入っちゃいます

Picture0010.jpg

右の子です


彼の名前は オ・ジェムくんとおっしゃるそうな

この子、ホントに可愛くて男の子らしくて・・・

目力があります・・・凄く!!

kt9-16-8.jpg

シユンくんとどっちも可愛い


まだ四話しか視聴していないですが


このドラマ、チェゴです

ホンギルドンがレンタルできてたら

まだ先だったろうなあ・・・これ観るの・・・

と思うと

かえってラッキーだったかなあ・・・と



でも

ホンギルドンは絶対最後まで観るからね~ジファン氏~

7.jpg



いいとこなのに・・・

実はこの二週間悶々としています・・・

一週間にDVD三枚ずつレンタルして観ていたドラマ

あと三枚で終わるというのに

ずーっとレンタル中なのです

そのドラマとは・・・

『快刀!!ホンギルドン』

20100704173721443.jpg


も~ホントにいいとこなんですよ!!

でも何故レンタル中が二週間も続くのか~

このドラマ

思っていた以上に面白いです

ギルドン役のカン・ジファン氏!!

かっこいいです

82866_l.jpg


0323_hongirudon.jpg


私これを観る前まではそう思っていなかったんですよね・・・

いやいや、かっこいいとは思っていましたが

ここまでかっこいいとは・・・

ジファン氏、私の大好きなじそぶさんと『映画は映画だ』に出演していましたが

じそぶさんがあまりにもかっこよすぎるので

私的には・・・う~ん・・・

でもでも!!

ジファン氏!!ミアネヨ~

ノ チンチャ モシッタ~

かっこいいし可愛いです
あの少し甲高い声も可愛くて好き好き

ああ・・・最終回が観たい・・・

どなたかわかりませんが

ちなじそびの家の近所のTSU○AYAでホンギルドンレンタルしている方~!!

早く返却してくださいな・・・お願い

ae7a7054d284b027b9f6e18f83acdd45.jpg


最後に今話題のぐんちゃん

20081205210909.jpg

彼も可愛い

抱擁のかけら

スペイン映画です

もともと私は洋画が好きで

中でもフランス映画、スペイン映画を良く観ていました

この作品は『ペドロ・アルモドバル』監督の作品

彼の作品はかなり観ています

この監督は確か同性愛者ですよね

その目線で制作するからこれがなかなか面白いです

フランソア・オゾン監督然り

男、そして女の厭らしさやズルさ淋しさ・・・そこんとこ鋭く描きますよねえ


『抱擁のかけら』

wp01_1024.jpg


盲目の脚本家、ハリー

彼は昔新鋭映画監督だった

今は彼のエージェントのジュディット、そして彼女の息子ディエゴに何かと世話になりながらも
生活している・・・そこそこ楽しみながら
だって道を渡るのを手伝ってくれたという綺麗でナイスバディーなお姉さんナンパしてお持ち帰り・・・
彼からはフェロモンが出ているのかな・・・
お姉さんたら誘いに乗って・・・やっちゃう(笑)
私好みの可愛いオッチャンです(笑)
彼女がシャワーを浴びている時にエージェントのジュディエットが家を訪ねてくる
まったく慌てないハリー
ジュディエットは呆れている様子
「道を渡るのを手伝ってくれた人をお持ち帰りしない!!」と叱る
笑うハリー
綺麗なお姉さんとやっちゃう前に彼女に新聞を読んでもらう
「資産家のエルネットが亡くなったわよ・・・彼知り合い?」
「いいや」
答えるハリー

ジュディエットにハリーが告げる
「エルネット亡くなったらしい」
「・・・」
黙り込むジュディエット

過去に何かがあったんだろう

あることがきっかけでジュディエットの息子ディエゴに過去にあったことを話し始めるハリー

それは彼が愛した人との思い出話だった・・・

ハリーの恋人に大好きなペネロペ・クルスです
37歳
最近第一子誕生!!
この方も私に無いモノを持っていらっしゃる素敵な方です
実際実物見た人は、顔の小ささにびっくりするらしい・・・

091110_houyou_sub4.jpg


126572439556416115423.jpg


20100202204630_00_400.jpg


あまり書くとネタバレになるけど

唯一泣けたシーンがありました

事故に遭う直前
偶然(必然?)二人が車の中でキスをしているところを撮影されていて・・・
そのフィルムをディエゴに説明してもらいながらハリーは見えない眼で見ている
彼女と自分との最後のキスシーン
画面に近づき愛おしそうに両手で触れる
彼女のアップ
それはそれは愛おしそうに触れるんですよ
見えなくても
14年ぶりに会う彼女
「抱き合っては死ねなかったけど、彼女は最後にハリーの唇を感じて旅立ったんだよ」(ちと台詞が違うかもですが・・・)
ディエゴが言う
泣きました・・・
14年ぶりという年数にも泣けました・・・
14年前っていうと
かなり前のことのようだけど
本人たちにとっては、そんなことない
ほんの少し、ちょっぴり前の感覚なのですよ
変化ももちろんあるけど
14年前のまま・・・うん

imgda87d83fzik9zj.jpg


mv45638-l.jpg


13c74508ec441a8bc8030a5c70d5b9de.jpg

このジジイ・・・すっごく執着してる・・・もうマジでウザい


ペドロ氏の作品
最近でいうと『ボルベール』
かなり昔だと『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『キカ』
少し前だと『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『バッド・エデュケーション』などがお薦めですよ~!!

スペインらしいカラーがまぶしいです
この監督の作品の好きなところのひとつです
色彩に惹かれます

☆5に近い4.5です

渇き

韓国映画です

そして

大好きなソン・ガンホ氏主演!!

今回4枚DVDをレンタルしたのですが

たまたま韓国映画、二枚ともガンホ氏主演で・・・

借りた後に気付く私(笑)

もう一作品はまた後日書きます


『渇き』

thirst2009_poster.jpg


ガンホ氏、バンパイヤになるの巻(笑)

真面目で誠実な神父、サンヒョン(ソン・ガンホ)は
ある病気の人体実験(?)に加わる
ヒトを助けたい一心で

その病気の人体実験で完治した人はいなくてみんな死んでしまう
もちろん、サンヒョンも・・・
でも・・・
なぜか彼だけ復活する

帰国後
奇跡のヒトとしていろんな人(家族に難病を抱えた人がいる人たち)から
救いを求められるサンヒョン

サンヒョンは・・・
自分の体が以前と違うことに気付く
・・・病気が再発している?また症状が出てきている・・・

救いを求める人たちの中に
昔交流があった家族と再会する

幼馴染のガンウ、そのオンマ、ラ夫人、そしてガンウの妻テジュ・・・

あることがきっかけで
テジュと親密な関係になっていくサンヒョン

20100302140341.jpg


・・・
私は正直わからないところがたくさんありました、この作品

この監督さんと相性があまりよくないのでしょうね(苦笑)

復讐三部作も・・・うーん・・・

好きな方たくさんいらっしゃるんでいい監督さんだとは思います

ただ・・・相性なんでしょうね

主役のガンホ氏

3689_img_1.jpg


相手役のキム・オクビンさん

kimok1.jpg


focus.jpg


10549.jpg


ガンウ役のシン・ハギュン氏

yn080324_03.jpg


img_655056_8463417_0.jpg


ハギュン氏、大好きです
以前もブログに書いたのですが
ガンホ氏同様ほとんどの出演作品観ています
この役・・・ハギュン氏にしか出来ないでしょう・・・間違いなく!!(笑)
普段はかっこいい人なのに・・・こういう役上手いですよね

☆3ですか・・・うーん・・・

あっ!!

この映画の出演が決まって

ガンホ氏、すごく体重落としたらしいですよね

いつものガンホ氏もくまさんみたいで好きなのですが

かっこいいんですよ~ホント

ホントですよ~(笑)


もう一つの作品に期待しつつ・・・

でもガンホ氏、演技チェゴです

やっぱり好きですよ、ガンホオッパ~

news_old_3764.jpg
プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。