スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高良健吾

こんばんは~

先日『軽蔑』という映画を観ました

この作品に出ている鈴木杏さんも好きなのですが
最近私が注目している高良健吾さんの話

この方・・・
めっちゃイケメンです

演技も上手いし・・・

『軽蔑』ではダメ男代表みたいな役どころだったのですが
ちなじそび・・・
ボウズに帽子というこの組み合わせが大好きなのです!!

今日はただ単に私が好きなボウズに帽子の高良氏の画像を


79388_201008250289681001282710759c.jpg

これはボウズではないかな・・・でもかっこいい↓


20110131182807_02_400.jpg


070829_koura_main.jpg


20100924170605_02_400.jpg

もちろん帽子ナシでもかっこいい

c0221922_0143596.jpg


残念なことにこの作品は評価が低くて
ちなじそびも同じくあまり良い映画だとは思わなかったのですが

高良氏と鈴木杏さんの演技はとても素晴らしかったと思います
スポンサーサイト

シーサイドモーテル

『シーサイドモーテル』  2010年  守屋健太郎監督

middle_1310664758.jpg



またまた超仲良しマイミクのお薦めです


ストーリーは


海もなく山に囲まれているのに何故か「シーサイド」と名付けられた小さなモーテルを舞台に、その4つの部屋で繰り広げられる11人のワケアリ男女による愛と金と欲のダマし合いと駆け引き、そして様々な人間模様と葛藤をコミカルに描いた一夜の物語。(wikiより)


この作品は岡田ユキオ氏とおっしゃる漫画家さんの作品『MOTEL』が原作なのね・・・知らなかった

20110811183253.jpg



この作品
ストーリーも面白いのだけど、キャストがとにかくすごい!!

特に
ギャンブラー役の山田孝之氏、キャンディ役の麻生久美子さんが良かったです

あと
古田新太・・・
若い奥さんを突然事故で亡くしちゃう気の毒なスーパーの社長役なのですが
この人が出ていたらみんな喰われちまうだろっ!!(笑)
彼は相変わらずいい味出しています

あともう一人
温水洋一氏
謎の「ぺぺ」役で出演
珍しく悪役です(爆)


評価は☆4
とにかく面白かった!!
最近邦画も好きになってきたちなじそびです

イルマーレ

『イルマーレ』 2006年  アメリカ  アレハンドロ・アグレスティ監督


b0028564_23483214.jpg




超仲良しマイミクのお薦め作品

ストーリーは

2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーヴス)からの手紙だった。(wikiより)


この作品は韓国映画のリメイクなんですよね

韓国映画好きの私としてはハリウッド版『イルマーレ』はどんなもんかと興味津々でした

とにかく切なくて切なくて

会いたいのに会えない

だって生きている時間がちがうから

遠距離恋愛に似ているかも

それもかなり離れた距離の。

気持ちを上手く伝えることが出来なかったり、相手を理解できずに音信不通になることも

でも

この距離が相手を思う気持ちを何倍にもしてくれる

近くにいるひとよりも、遠くにいて簡単に会うことが出来ないひとのことを深く深く愛するようになります



ラストシーン・・・

知っていたけどなんとも微笑ましく

こちらまでもが幸せな気分になりました


22ilemare.jpg



評価は☆4.5

この作品を観ると

何事にも不可能はないのかなあ・・・なんて思ってしまったちなじそびでした

重量ガールズ キングコングを持ち上げろ!

『重量ガールズ キングコングを持ち上げろ!』 2009年  パク・ゴニョン監督


THD-20481.jpg




ストーリーは

弱小重量挙げチームの少女たちが元五輪メダリストのコーチと共に五輪金メダルを目指す姿を、実話をもとに描き韓国で大ヒットを記録したスポ根コメディ。1988年のソウル五輪重量挙げで銅メダルを獲得したジボンは、ひょんなことから田舎の女子中学校の重量挙げ部監督に就任。重量挙げに嫌気がさしていた彼だったが、少女たちの懸命な姿に心を打たれて本格的な指導を開始する。主人公ジボンに扮するのは人気ドラマ「オンエアー」のイ・ボムス。(映画.comより)





以前からこの作品はすごく評価が良かったので観るのを楽しみにしていました

「スポ根コメディ」とありますが・・・コメディか?
前半は「ふふふ(笑)」と思わず笑っちゃうシーンもあったのですが後半は・・・


以下ネタバレ少しありです↓













重量挙げを始める女の子たちの境遇はさまざまですが何人かは貧しくろくに食事もしていないような子たちで、それに気付いた先生が重量挙げを教えると同時に助けてあげるのです
他の大人たちはバカにしたり敬遠したりしているのにジボンだけは彼女たちを必死で助けてあげる
そのジボンの思いやり、優しさに後押しされ彼女たちは心身ともに強くなっていきます

『キングコングを持ち上げろ』
このキングコングとはジボンのこと
心臓に疾患があるジボンは苦しくなると自分の胸をドンドンと叩きます
それを見た病気のことを知らない彼女らが
「キングコングの仕草に似ている!!」

彼女たちがジボンを持ち上げるシーンが二度あります

一度目は夜、河原でみんなで食事をするシーン
ご機嫌で珍しくお酒を飲み酔いつぶれてしまったジボンを六人で担ぐのです
楽しそうに笑いながら

二度目は・・・
このシーンは観ていて辛かった
彼女たちに担がれたジボンは一体どんな気分だったのでしょうか

この作品は事実を元に作られたそうです

厳しくも優しい生徒思いの先生とその先生を慕う子どもたち
現在なかなかこういう先生は日本でも韓国でも居ないでしょうね
日本でいうと昭和という時代に存在したような先生
一人ひとりをまるで自分の娘のように愛していました


評価は☆4です
韓国映画がお得意としているお涙頂戴なとこが少し過剰だったかな?
そういうのがなくてもとてもいいお話だったのでは?


ジボン役のイ・ボムス氏
彼は相変わらずいい役者さんです
この方はファン・ジョンミン氏同様、どんな役でもこなしますね

100614_l.jpg

100613_l.jpg


韓国映画、好きだな~♪

20090607191137.jpg

ホテルビーナス

『ホテルビーナス』  2004年  タカハタ秀太監督

vcdm162.jpg




最近このブログにちょくちょく登場してる北海道のオモロイ兄ちゃんお薦めの邦画です

邦画なんだけどこの作品はオール韓国語!!
草薙剛くん(SMAP)の韓国語にはホントほれぼれしてしまう^^

ストーリーは


女装のオーナーが経営する、ホテル・ビーナス。ウェイター兼世話係のチョナンをはじめ、ここで暮らす住人は誰もが過去を背負っている。酒に溺れた元医者のドクターと、妻のワイフが暮らす1号室は、言い争いの声が絶えない。3号室のソーダは花屋を開く夢を追い、4号室のボウイは、自称殺し屋を語っている。そんなホテル・ビーナスに、ある日、無愛想な父、ガイと、口を利かない娘、サイがやってくる。チョナンの仕事を手伝わせるうちに、サイは次第に心を開いていくが…。(goo映画より)


ネタバレというほどではないですが

この作品のいいところ

これでもかこれでもかというくらいとてもいいセリフだらけなのです

現在気持ちが弱っている人が観ると泣けます・・・ボロボロ泣けます


特にこのセリフ
ビーナス(市村正規)がチョナン(草薙剛)に語るのです

『重い背中をしょって生きるのは辛い・・・ただ不思議なもんさ・・・そんな背中にかぎって必ず翼が生えてくる・・・背中が重たいヤツほど・・・きっといつかは高く飛べるんだ』
(オモロイ兄ちゃんの日記より勝手に抜粋)

辛いこと悲しいことが人よりいっぱいある人ほど幸せになるよ、という意味だと解釈したのですが、もうこのシーン、号泣しました
このセリフがあることは兄ちゃんから聞いてきたのですが・・・んもう涙ポロポロでした


私の大好きな香川照之氏、中谷美紀さんもいい演技なさっていました
もちろん韓国語も!!

それとあのイ・ジュンギ氏も出演していました
心に大きな傷を持った、それでもホントは心底優しい少年「ボーイ」役を好演していましたよ


070418_flydaddy_main.jpg



評価は☆3.5

ラストシーン
モノクロに近いくらい映像だったのがほんのり明るい映像に変わっていたとこも良かったです
プロフィール

ちなじそび

Author:ちなじそび
FC2ブログへようこそ!
私の好きなモノ・・・映画について思いつくまま綴っています。特にヨーロッパ映画、韓国映画が大好き!
独り言もたまに呟きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。